拾っちまった!!!

  • 2008/12/09(火) 03:11:46

我が家の、夜の散歩は、大体、夜中の3時から4時である。

と、言うのは、この時間帯だと、誰のも会わずに、公園まで行けるし、公園を独り占めしてディスクができるからだ。
奥行き50m幅40mほどの広場が、入り口2ケ所以外は2メートルのフェンスで囲っている。
しかも、広場の縁以外には立ち木無し。
夜間は照明が付いていて、ディスクを見失う心配はない。
水道も、トイレも完備。
という、理想的な空間なのだ。

さっそく、今夜も・・・・

カコ〜〜ン・・どかどかどか
 パスッ!・・・・・タカタカタカ

んん?

どこからか猫の声が・・・・

公園のトイレのあたりから猫の声がする。
トイレの横に、見慣れないダンボールが・・・・

  やられた! 

多分、捨て猫・・・・
公園の蛇口にはツララが吊り下がっている。
こんな寒い日に捨て猫?
どうしよう・・・・と思いながらも取り敢えずはフリスビー続行!

声が近づいてくる!
 


!!!!

まともな歩き方じゃない!

まるで、生のイカを食べた後に腰が抜けたかのような歩き方。
ひょこ、ひょこというか、へろへろというか・・・・
まともなスピードでは全く移動できない様子・・・

これはもう・・・・


置いていくわけにはいかないよね。
抱き上げると、盛大にゴロゴロ言いながらしがみついている。
ベストの内側に押し込んだが、、見た目より重い。
結構なおでぶさんである。

大興奮するさんごとアイラと星竜をなだめながら、急遽帰宅。
懐にずっしりと重い。
  子猫じゃない!
  人懐こさ抜群!
  犬慣れ抜群!
しかし、この歩き方
は・・・・・
交通事故か?生まれつきか?
懐き方からして、大切に飼ってたんだろうに・・・・
時々する咳も気になる。

あ〜〜〜あ


明日は獣医さん行き決定!
検査結果が出るまでは我が家のニャンズ部隊と一緒にはできない。

これじゃ、里親募集もできそうにないな。

小顔・ブルーアイ・ほぼ白(尻尾にかすかに茶の縞、鼻の頭が茶色?後、顔にもうっすらと茶色の縞が・・・)

ぷにぷにの柔らかな肉球からして、おうちで飼われていた筈。

何で捨てた?
 











少々薄汚れていたので、
さっそくではありますが、

お風呂に直行!

つめきり決行!
 


我が家のニャンズの中で最もおとなしく、つめを切らせ、お風呂に入りました。
ふかふかのいい匂いになってストーブの前を占領中。
さてさて、今夜はこのまま添い寝です。

日々これ平和

  • 2007/08/09(木) 19:19:15

猫は箱を見れば入る。

何が何でも入る。

と言うのは分かっていたが、

それでは皆が爪を研げないよ

箱に収まる三毛猫コハル


コハルが退くと早速カラヤンが

箱の爪とぎを寝床に黒猫カラヤン


ちょっとの隙を見つけて

箱に執着して篭城する三毛猫コハル


そこまでして箱に入らなくても。。。。


猫の出入りに興味津々の

     ボーダーコリー星竜


そりゃ君は入れないよ


猫の出入りに興味津々のボーダーコリー星竜

かわええ!と思える瞬間

  • 2007/08/04(土) 13:23:53

犬も、猫も、かわいい!と思える瞬間がある。
イヤ、いつもかわいいのだが、

おお!

きゃわええ!ジュルッ

と言う瞬間があるのだ。

トム君の寝姿


保父猫トム君かわいいポーズ


おごうの顔隠し寝


おごうの寝姿


ななちゃんのまん丸お目目


ななちゃん


なぜか星竜の後姿


後姿のボーダーコリー星竜


え?

飼い主馬鹿だって?

ええ、そうですとも、

文句ありますか?

子猫の時期

  • 2007/07/07(土) 02:29:55

やって来た来た子猫の時期が・・・

いつも行くキャンプ場の入り口
今年もたくさんの子猫がぁぁっぁぁぁっぁ
ここは国有地のはずだが、
実質は近所の人の畑となっている。
そこにネコがたくさん居るのだ。
毎年、秋になると、子供が生まれる。
生粋の野良だけど、野良じゃないと言うか、
毎日ちゃんとご飯をもらって、おうちもあるんだけど、
避妊や去勢まではしてくれない。





どかないと車だよ




確認できたのは子猫が5匹
まだ居るんだろうなぁ


ネコの魅力

  • 2007/07/04(水) 04:51:40

我が家の犬猫事情を知っている人に、よくこういわれる。
「こんなにたくさん飼ってよほど好きなのね。」
いや、そういうわけではない。
好きかといえばもちろん好きだ。
だが、犬とネコだけを特別に好きなわけではない。
亀も、カエルも、イモリも、いたちも、ウサギも、etc。
結構どんな動物も基本的に好きだ。
いや、植物も好きだ。

じゃあ、なぜ我が家には犬とネコしか居ないのか?

答えは簡単。
私が大変な無精者だからだ。
植物は、まずもって枯らす!
基本的には水のやり忘れ。
気にすると今度は水をやりすぎて根を腐らせる。
肥料をやる時期を間違えるかやらない。
よって、我が家の庭には、過酷な生存競争を生き抜いてきた
樹木ばかりが生き残っている。
あ、毎年芽を出す雑草たちもね。

と言うわけで、植物はだめ。

動物は、昔色々と飼った。
セキセイインコ、ちゃぼ、うさぎ、熱帯魚、金魚・・・
セキセイインコとウサギは過剰繁殖してしまった。
セキセイインコとウサギの避妊のやり方がわかれば、今でも飼っていたかも知れない。
チャボは我が家に毎年子供を産みに来るいたちに食べられた。
熱帯魚は、うん十年ぶりの寒波で大雪が降った冬、停電のため、水の温度が保てず、絶滅した。
金魚は当時飼っていた猫に食べられた。

そうして、現在、犬とネコだけが我が家に居る。
犬とネコは、人間のようにではないが、結構わかりやすい。
おなかがすいているとき、眠そうなとき、機嫌のいいとき、機嫌の悪いとき・・・・
ちょっとしたことからでも、結構明白に色々なことが伝わってくる。
そして、医療がそこそこには発達している。
避妊だってできるし、予防接種だってある。
要するに、飼い易いのだ。私にとって。

と言う、もっとも身勝手な理由で、
我が家は犬猫屋敷となっている。
みんな、怠惰でアバウトな私と一緒に居てくれてありがとう。

最後に、能天気を絵にかいて