やさしい旅立ち

  • 2007/07/23(月) 06:00:04

それは昨年の2月のことだった。
事情があり、飼育不可能となった2匹のフラットコーテッドレトリバーの里親募集をさせていただいたことがある。
緊急避難として、私のところに来た2匹は、元気いっぱいの仲良し兄弟だった。
結構年がいってからの里親募集はなかなかに難しい。
しかも、大型犬、できれば一緒にと思いながらも、
多分無理だろうなぁと半ばあきらめていた。

ちょうどそのころ、我が家の愛犬ゴールデンレトリバーのテンロンが
末期癌の闘病中。
何時見送ることになってもおかしくない日々、
我が家に迎えることはどうしてもできなかった。

そんなある日、とてもよいご縁が降って涌いたように持ち上がった。
お話はとんとん拍子で進み、
テンロンを見送ったその直後のことだった。
とてもよいご縁をいただいて北海道に旅立って行ったアレフとトーマス
雪の中で転げまわって遊び、
とても愛されて、トーマスは旅立っていった。
そして、今日、アレフが旅立った。

アレフ、トーマス ゆっくりとお休み

里親様本当に慈しんで下さり、

ありがとうございました


写真は、里親様を待っていたころのアレフとトーマス


里親様を待つフラットコーテッドレトリバーのアレフ
里親様を待つフラットコーテッドレトリバーのトーマス


そして、ありし日のテンロン


我が家の愛娘ゴールデンレトリバーのテンロン

SOS!大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部

  • 2007/06/23(土) 23:02:47

しばらく、この記事をブログのトップにおきます。ブログの更新状況は、この記事の下をご覧ください。
大阪府和泉市のイヌ繁殖場飼養崩壊より111頭の新しい飼い主募集が行われます。
    6月22日にて、一応、募集は終了しました  
以下の文章は大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部
http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html
の記事からの抜粋ですので、細かなことは、直接、当該サイトの中をご覧ください。
全国のみなさま方から多くのご意見・ご要望等をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
救援本部では、現在、各団体やボランティアの方々の多大なご協力のもと、犬たちの飼養管理・治療等に全力で取り組んでおります。そのため、数多くのご意見等に回答できないことを、ご了承 ください。
なお、今後の対応については、救援本部で決定する方針に基づき取り組んでまいりますので、 今後とも引き続きご支援、ご協力よろしくお願いします。


ブログ書き込み人雪月花より
一匹でも多くの犬がお家を見つけられますように。
一人でも多くの人にこの事実を知っていただけるように。
救援本部は7月20日頃に解散するそうです。
もうしばらく様子を見守りたいと思います。

昨日発信したSOSについて

  • 2007/06/11(月) 12:28:14

昨日、発信したSOSについて、
といっても、私がSOSの発信元であるわけではないが、
新しく、写真のありかがわかった。

公式サイト上ではまだイヌたちの写真等個別情報は発表されていないが、
有志の方のブログ『ブルセラ陰性の犬達』に、
少し前のイヌ達の姿が掲載されている。
http://gu-kb.biz/izumidog/

静岡のときも、広島のときも思ったが、
ここまでなぜに悲惨な状況になるのか?
犬猫のレスキューには、個人の力に頼る部分が大きいのが日本の現状。
その分、いろいろな思いがそこに錯綜する。
そして、行政が絡むと、
犬猫は所有物である。という大前提からどうしても離れられない。

ボーダーコリーも居る。

かなしい・・・・