寒い・・・・

  • 2008/01/31(木) 04:12:07

雪の原~~~


寒い!

ただし、おとといまで・・・・・

この数日間、ものすごく寒かった。

朝起きても、出かけるのがいやになるほど。

ある朝窓から外を見るとこんな風景が・・・・・

もちろん、この日、お出かけはしなかった。

もっとも、お客様が上がってこられないので

翌日はお仕事のために里に下りましたとさ。

切り番予告

  • 2008/01/26(土) 03:15:11

からん からん からん からん からん

(昔、学校で、用務員さんが鐘を鳴らして授業の開始を教えてくれた。)

カウンターが 21100 を超えた

わがやの切り番は 22222 です。

予想では2週間以内かと思われます。

早ければ10日前後か?

ぴったり賞以外に前後賞あり。

申告がなかった場合は、一番近い数字をゲットした方に

南国土佐からのくだらないもの詰め合わせを差し上げます。

どうぞ、申告してくださいませ。

seiru


今年年の初めの縁起物

当サイトの切り番をどうぞよろしく。

(↑今日はよほどブログねたがないらしい)

命の重み

  • 2008/01/25(金) 02:30:41

私は小さい頃、両親が動物好きなのだとばかり思っていた

犬や猫を飼う事は許してくれなかったが

(本当に小さいころは犬も猫もいた)

官舎に住んでいたときは別として、生き物が絶えたことが無かった

 セキセイインコ
 ちゃぼ
 にわとり
 ウサギ
 熱帯魚
 金魚
 プランクトン
 昆虫各種
 どじょう

高校に入るころまでは、結構にぎやかだった

私が高校に入り、卒業し、進学で家を出たころから

生き物の姿は家に無くなっていった

実は、私の父親は大の動物嫌いだったのだ!

猫など、触る事もできないほど嫌い。

で、なぜ、我が家にいっぱい動物がいたのか?

私が飼いたがったからと言うだけの理由だ。

なんせこの娘、蛇でもトカゲでも飼うといって持って帰ったから

大嫌いな犬猫を家の敷地で飼うのはいやだったようで

その結果が、ウサギやニワトリ・・・・

私が生まれて間もないころは

そのころは母方の里で暮らしていたのだが

(父は教師で、その当時は母方の里の近くが赴任地だった)

そこには犬も猫もいた。

田舎の家では、ねずみ対策に猫が飼われていたような時代

(ああ!歳がばれる・・・・)

スピッツと言うには大きな我が家の犬は

(今考えると先祖がえりか?サモエドっぽかった)

いつも庭の大きな木の根元に繋がれていた。

ロンと言う名前で、私のおままごとの相手になったり

遊びに行くときは、よく一緒に行ったものだった。

そのロンが、私を咬んだ事があった。

今でも二の腕に跡が残るほど、しっかりと咬まれた。

原因は私。

ロンのご飯の途中で、ご飯入れの中にわらくずを見つけた私は

除けてあげようとして餌入れに手を突っ込んだのだ。

餌を取られると思ったロンは、がっぷりと・・・・・

泣き喚く私に、事態に気がついた両親は

ロンを殴りつけ、私を犬から引き離した。

でも、ロンをどこかにやろうとか処分しようとなんてしなかった。

ロンは、そのときはしこたま怒られたが

それからも同じように、庭の木の根元にいて

私のおままごとに付き合ってくれたのだった。

犬嫌いの父にとっては、絶好の口実ができたんだっただろうに。

私は、ロンのご飯の中に手を入れたお前が悪い。と、叱られた。

ワンコがご飯を食べているときは手を入れてはいけませんって。

私が3つのときの出来事だった。

そのロンも、私が18のときに、母の里で息を引き取った。

享年18歳。

子供の健康を願う縁起かつぎで

私のためにもらわれてきた犬だった。

昨日、子供を咬んだ犬を処分する話を聞いて

(あ、この犬は処分されないことになりました

ちゃんと里親さんを探してくださるそうです。)

私は父の娘でよかった。と思う。

この子が大人になったとき、自分をかんだ犬が

どうなったのか知ったとき、どう考えるだろう?

そのとき、命の重みを知っている人間になって欲しい。

なぜ、その犬が自分を咬んだのか。

それに付いて考える手伝いを、御両親にしてもらいたいと思う。

今じゃなくても、ショックが収まってからでもいいから

犬は、特に長い間家族である犬は、理由無く人を咬んだりしない。

きっと、何らかの理由があったはずなのだから。

父は、犬も猫も嫌いだが、虐待したり、石を投げたりできる人ではない。

父に育てられた私は、咬まれても咬まれても犬に手を出す娘に育った

先だってもラブラドールにかじられて額に向こう傷を作った。

おかげで犬猫使いと言われている。

でも、犬を連れて帰ってくるな。と言われると少し切ない。

懲りずにつれて帰るけどね。(ガッツポーズ)
 


外を見るボーダーコリー星竜


地震だ!

  • 2008/01/24(木) 00:55:00

びっくりした〜〜〜

さて、日記でも書こうかと

ブログを開いたとたん、ドンって

あのね、グラグラッじゃないの

グラグラッならこれまでも何度もあった。

違うの、衝撃が家全体の下から来て、

家自身が一瞬突き上げられるように動いたっていう感じ

まるで家に車が飛び込んできたような衝撃の感じ

一瞬、地震?それとも何かあった?

って考えてしまった。

本当に一瞬だったんです。

これって地震だよね。間違いないよね。

関西淡路大震災のときは、これの何十倍もドン!

ってきたんだろうなぁなんて悠長に考えてみたり・・・

しばらくして

YAHOOの地震情報に、震源地滋賀県南部って

まさしくこの辺じゃないですか。

マグニチュード3.0 たいしたことない地震だけど、



マヂ びっくりした!
 


退屈状態の星竜


こんなことでびびっていたら

星竜に笑われるね。


SOS発生!

  • 2008/01/20(日) 07:54:31

のんびりお寺でお経を読んで会議をこなし

パソコンを開けると


★★★第1報★★★

またもや関東でブリーダー崩壊につき、

オス1頭、メス5頭です。(T-T )



が、飛び込んできた。

またもや!である。

安易な生態販売。

生態販売への法的強化、不況、そんなものが入り混じり

このところ、立て続けにブリーダーが崩壊している

生き物を、販売目的で飼育する。

それがどういうことなのか、

もっと考えて欲しいと思いながらも

今!飢え、寒さに凍えているこの子達を


まずは助けることが先決です!
 


こういったレスキューの子達は

ほとんどの場合、まともにワクチンも打ってもらえていないことが多く、

フィラリアにかかっている子もたくさんいます

ご飯もまともにもらえていないんです。
 


レスキューの現場では、

健康診断、栄養失調対策、ワクチン、フィラリア除去

と、たくさんの医療費もかかっています。

助け出した子達を誰かが預からねばなりません。



スタッフが命を守ろうと必死に動いています



人手も資金も物資も足りません



どうか、皆様の暖かい手を差し伸べてください


一滴の援助が、大きな流れを作ります



この子達を、どうか助けてください



使い古しのバリケン、要らないおもちゃ

フードやシーツ、リードやハーネス

どこか倉庫に眠っていませんか?