花火と雷と犬

  • 2008/08/30(土) 08:03:43

昨年、高知の花火は無かった・・・・

もともと、花火大好き人間の私
子供の頃、毎年両親が花火を未に連れて行ってくれた
それが原因かどうかは不明だが
長じて、朝から場所取りしてでも一等席で見たい!
と言うほどに好きだったのだ
過去形で言うのは、嫌いになったわけではなく
今でも大好きなのだが
もうかれこれ15年間というもの
花火と言うものをまともに見たことがなかったのだ
それほど好きな花火をなぜに見に行かなかったのか?

理由は簡単。
 


テンロンが居たから・・・・
先代のゴールデンレトリバーのテンロン。
大きな音がだめだった。
それはそれは、徹底してだめだった。


 


 花火


 洗車のジェット水流



パニックになった彼は
塀を乗り越え、脱出を図る!
親子でパニックになり、一晩中探したこともあった。
夏になると、花火のスケジュールを把握し、
あわてて家に帰ったものだった。
花火を鑑賞する。

等と言うことは不可能だったのである

もう、花火を見ることなんてないだろう。
そう思っていたのだったが、
今、我が家に居る3匹。

今のところ、花火も雷も大丈夫! 

昨年は行政の都合で花火が無かったので、
今年は楽しみにしていた。
朝から雨模様。
四時に、花火の予告の花火が上がったが、
それから、どんどん雨脚は激しくなる。
いくらなんでも・・・・
と思って事務所に居ると、


ドーーン!!!
 



花火が開始された。
で、今年は事務所の屋上で鑑賞。
傘を差しながらの鑑賞なんて久しぶり・・・・
幸い、花火が始まった頃から、雨脚も弱まった。
ちょっと遠いけど、
きれいな花火を見せていただきました。



















う〜〜〜ん


   マンダム!
 




犬は、今日まで大きな音が大丈夫でも
明日大丈夫かどうかは判らない。
願わくば、来年も花火がゆっくり見られますように。
(写真は今年の8月13日にあった高知の花火です)

追いかけっこ

  • 2008/08/29(金) 07:45:03

暑い夏はどこに

と言いたくなるような日々。

あれだけ真夏日が続いたのに、今度は寒ささえ感じる
滋賀では、毎日のように雨が降り、
御散歩すらままならない。

そんな中、行って来ました。
いつもの琵琶湖のほとりは人ごみだろうと言うことで
京都に山の中。
http://sennenhund.jp/index.html
セネン・フントさんです。
あいにく朝から小降りの雨だけど、
多分上がるんじゃないか?と言う楽観的予測の元
たけちよ君ご一家と・・・




たけちよ家とは、先代のテンロンの時からの御友達
だから、たけちよ君はゴールデンです。
たけちよ君が大きいからと、気にかけてくださいましたが
アイラ、負けてはおりません。
実に体重差3倍の御二方。
くんずほぐれつ延々と追いかけっこにワンプロ

たけちよ君ごめんね
 




アイラ、ゼンマイが切れることがありませんでした・・・




スタミナは小さなものの勝ちかな?
たけちよ君、御疲れ様

水だって、休憩しながら・・・




たけちよ君とは、さんごだって遊ぶことができます。
(ちょっとだけど)




もっともっと積極的にワンコと遊んでいいんだよ。
と言ってみても、女王様はマイペースでした。

仁淀川・・・泳ぐ

  • 2008/08/17(日) 19:49:53

我が家でワンコが泳ぐのは一級河川の仁淀川
黒潮騒ぐの太平洋もすぐ近くなのですが
と言うか、海のほうがとても近い。
塩水で泳がれると、後のワンコ洗濯が・・・・・
車に塩水持ち込まれるのもいや。

まして、アイラは水を腹いっぱいに飲む。
試したことはないが、海でも同じだと確信が持てる。
腹いっぱい海水を飲んだ後の悲惨さを考えると・・・・

海はパス!
仁淀川は川だから、当然流れがある。
一旦入ったら出てこない上に、捕まりたくないので、
だんだんと沖(深み)を泳ぐようになってしまった。
なので、昔、星竜のために購入したライフジャケットを
引っ張り出してきた。





取っ手が付いているから

取り扱いがしやすい




取りあえず泳がせてみる




小学校一年生のランドセル状態




ん?

なんだか変?




あら、あら、あら、

ちょっと大きすぎたのね。

これはこれでちょっとばかり面白いけど




夏休み観察日記3

  • 2008/08/16(土) 05:24:39


鯨姫物語



我が家に鯨姫がお輿入れになったのは

まだまだ春の日と言ってもよい

すがすがしいある日だった。

遠く、日本海から日本を横断し

ご学友の黒姫とともに

鯨姫は我が家にお輿入れなされたのである




さっそく

ご用意申し上げた青いポリバケツ御殿は

あいにくとお一方様用

まずは御座所に・・・・・




すくすくとご成長なされ、




白黒の刺客の手も逃れ




ご立派なお姿に・・・・




ついには御懐妊あそばされたのでした




お子様はお二方




それぞれにベビーベットをご用意いたしました




しかし、そんなある日・・・・・

ふと気がつくと・・・・・

夏休み観察日記2

  • 2008/08/14(木) 06:45:48

昨年の屈辱から学んだこと。  

 作物は、放任したら悲惨なことになる。

 不精な人間は対策を立てるべきだ。

 スイカは肥料が必要である。


基本的な性格は変えられるはずがない!

そこで、放任は仕方がないとして、


対策を立てることにした。
 


メインの鯨姫の相方、黒姫





鯨姫の影武者 いるか姫(小玉)




黒姫の影武者 赤姫(小玉)





つまり、物量作戦に出たのである。

影武者は本物を越えてはいけない


と言うことで、小玉に・・・・

しかし・・・

これまた裏目に出ることになろうとは

このときの私は知るはずもなかった・・・・